のレビュー セラマイザー®車の所有者ボルボ - エンジン、ギアボックス、その他のメカニズムの再生の準備

のレビュー セラマイザー®車の所有者ボルボ

ボルボ760 2.4ディーゼル

ビルド年: 1987
エンジンサイズ:2400
走行距離:約80万km

意見:私は指示に従ってエンジンに2つのアプリケーターを使用しました、私は何も助けることができなかったので測定をしませんでした、約5000キロを運転した後の現在の状態:エンジンはガソリンの私のバージョンよりもよく点火しますまたボルボ740、オイルと燃料消費量は減少し、柔らかいベルベットの仕事、そしてキックを持っています。
私はパワーステアリングシステムにも適用しました – 私は50 km / h以上のステアリングホイールに高い振動がありました、私は車輪のバランスを取り、ディスクを交換しました(彼らは薄かった)と何も、私は指示に従ってサポートするためにセラマイザーを使用しました、そして、私は修理せず、何も交換しません、50 km以上。
私は燃料システムへのサポートからセラマイザーを使用するつもりです – それを取り外すことなく噴射ポンプの再生、私はメカニックと話をし、それがそれの前にそしてここで助けになったので、それは確かに助けになるでしょう。 私はセラマイザーをお勧めします、穴はタイヤにパッチを当てませんが修理しませんが、修理を節約し、私を助けました。
アンドリュー・ドルブニアック
送られた意見:2010年3月10日


ボルボ 850

年式:1996
エンジン容量:2.4ガソリン
走行距離: 340 000

エンジン、燃料、ギアボックスにセラマイザーを使用しました。 私がチャンスを掴んだのは、圧力測定やオイルテストをしなかったからです。 彼はドラゴンのように油を飲んだので、私は絶望的でした – 彼が燃料タンクを燃やす前に、あなたは1-1.5リットルの油を加えなければなりませんでした、その上、大声で「鈍い」箱、貧弱なダイナミクス。 2000キロの顕著な変化の後 – 私は油を加えず、それは約千キロから油のスクープの真ん中で持続します。 ギアボックスは静かになり、ギアははるかに軽くなります。 私はまた、エンジンのより均一な仕事に気づいた – 時々アイドル速度で前に、毎分2倍それは短い痙攣を得た、今それは均等に動作します。 昨日、私はエンジンにセラマイザーの2回目の投与を注いだ – それは価値があるので、それを聞かせてください。
ヤヌシュ・ムシチェフスキ
2012年3月6日に送信された意見


ボルボ 940

ビルド年: 1992
エンジンサイズ:2.4
走行距離: 380000
ボルボ 940
意見:これはすでに私がエンジンにセラマイザーを使用する4番目の車です。 誰もがセラマイザーの保護のおかげで、失敗することなく多くのキロメートルを旅しました。 現在、私たちの「ムース」は非常に勇敢にやっています。 購入直後、セラマイザーで「氾濫」しました。 一定のキロメートルを運転した後、今度は職場文化に顕著な改善がありました。 セラマイザーは休日の旅行中に到着しました。 エンジンが古い「装甲」ディーゼルであり、寒さの中での燃焼に問題がないという事実にもかかわらず、それは確かにエンジンに良い影響を与えました。 私は間違いなくそれをお勧めします。
ヤロスワフ・ビャウォブルジェスキ
2013年2月20日に送信された意見


ボルボS80

年式:2005
エンジンサイズ:2400
走行距離:171 000

マニュアルトランスミッション456R 7002 HAのボルボS80を購入しました。 数千キロ走行した後、損傷したベアリングに特徴的なギアボックスからの騒音が増加し始めました。 私はオイルの量と質をチェックするために箱からオイルを排出しました。 オイルは汚れた緑色でした – 私は以前の所有者が不特定の準備で胸を「救った」と思います。 経験豊富なメカニック、クレートスペシャリストのアドバイスで、私はミラーズオイルEEトランスミッション75w90 1Lナノドライブナノ粒子で箱にオイルを溢れさせました。 整備士は、彼がその適用と2-3000を運転した後、そのケースを持っていたので、このオイルをお勧めします。 kmボックスの騒音は大幅に減少しました – おそらく動作中に損傷したベアリング表面を滑らかにしたためです。 実際、オイルを交換した直後、騒音はわずかに減少し、3000を運転した後。 kmは騒音レベルのさらなる減少があった。 しかし、その効果は私を満足させませんでした。 車を運転することは迷惑でした – 特に60-90 km / hの速度では、箱の騒音ははっきりと聞こえました。 私は木箱にセラマイザーを使うことにしました。 私は箱の中の2.1リットルの油にセラマイザーの2つの部分を塗布しました。 その効果は、約100km走行した後に感じられた。 騒音レベルが低下し、さらに音の周波数も低下したため、耳への煩わしさが軽減されました。 セラマイザーを使用して以来、私は約1000を運転しました。 kmと私はすべての時間の改善を感じます。 実際、エンジンを制動するときや安心して運転するとき、ギアボックスの騒音が聞こえます – これはおそらくベアリングの摩耗に起因するクリアランスの増加の結果です。 しかし、「ガスで」運転するとき、箱は事実上聞こえません。 私はセラマイザーをお勧めします – 私は高価な箱の交換を避けました。

トーマス・フォルトマン
2018-03-14に寄せられたご意見


ボルボV40ステーションワゴン

年式:1998
エンジン容量:ディーゼル
走行距離:270 000

私はセラマイザーを非常によく評価しています、私のボルボV40車ではエンジンとギアボックスの準備を使いました。 1000km走行後、エンジンは均等に作動し始め、ギアボックスは落ち着いた。 私の意見では、セラマイザーを使用することは有益です。
パヴェル
25/08/2013に送信された意見